岩 崎 元 郎 の


「知恵」



 3月の知恵 ザックにお尻を下す
 


 ぼくがリーダーのときは、通常、1ピッチ50分歩いて、10分休憩する。40分を過ぎた頃からザックを下ろし易い場所を目で探している。2〜3人ならどこでも休めるが、10人を越えるパーティーでは、具合のいい休憩場所はなかなか見つからない。ともあれ、「いっぽん」と声を掛ける。一本とは、登山用語で「休憩」のことだ。

 広いスペースがなく、コース上で一本取ることもよくある。そんなときは、登山道の端にザックを下ろし、他の登山者の通行の邪魔にならないよう配慮する。座り込むと疲れが出るから、立ったまま休めというリーダーもいる。ぼくは、どっちでもいいと思っている。ただし、座る場合。地べたにべたっとお尻を下ろしてしまうのは感心しない。疲れが出るか否かは分からないが、緊張感が緩むのは間違いあるまい。腰にもよくない。
 
 ぼくのお勧めは、ザックにお尻を下ろすこと。立ち上がるときの、負荷が少ない。日帰りだとザックが小さくて座りづらいが、一泊登山などである程度のザックの大きさがあったら、試してみて欲しい。ザックの下半にお尻を下ろす前提で、下半には雨具とか着替えとか、圧力が掛かってもこわれる心配のないものを詰めておくことだ。



   


 Copyrighit(C)2008-2015 Motoo-Iwasaki
許可無く、他ヘの転載、掲載を固くお断りします