岩 崎 元 郎 の


岩崎 元郎 

 1945年、東京大井町に生まれる。
 東京理科大学中退。63年から69年まで「昭和山岳会」に在籍、登山の基本を学ぶ。71年蒼山会同人創立、南アルプス、雨飾山、栗駒山周辺で、沢登り、岩登り、雪山登山に親しむ。
1981年春、ネパールヒマラヤのニルギリサウス峰登山隊に隊長として参加。帰国後「無名山塾」を設立。現在では中高年登山者が中心の「遠足倶楽部」も併設している。

 95年に放送されたNHK教育テレビ「中高年のための登山学」が、みなみらんぼうさんとの凸凹コンビで人気を博し、96年再放送、97年は山内賢さんと「日本百名山をめざす」が製作放送、これも支持が高く、98年にパートII、そして99年は「日帰り登山で基本を学ぶ」と5年連続してテレビ出演した。おかげで顔が売れてしまい、山の上と下を行ったり来たりの超多忙な日々を送っている。

 無名山塾主宰、日本登山インストラクターズ協会理事長。



主 な 著 書

  ■  今そこにある山の危険
発  行: 山と渓谷社
発行日: 2014年11月21日
定  価: 821円

【Amazonで購入する】

「山登りは危険だからこそ価値がある。危険を認識できない者は山に登ってはならない」
こんな常識も通用しない登山ブームの昨今、どうしたら遭難や遭難直前の危険を回避できるのか。
「悪天候下での行動」、「転倒滑落・道迷い・落石」、「カムエク登山中止の決断」、「どこか面白い山教えてください」、「冒険登山と趣味登山」、「トレーニング考」、「低体温症と服装戦略」などの実例から学ぶ教訓を中心に、登山の楽しみ方のヒントも加筆、読みやすい構成。


 
  ■  山登りを始めたく
なったら読む本

発  行: 山と渓谷社
発行日: 2012年4月13日
定  価: 1,000円(税込)

【Amazonで購入する】

岩崎の豊富な経験、観察から、入門者、初心者にとってはやさしく楽しく、経験者にとっては自分の山登りを考え直すヒントとなる「岩崎流」登山論を展開。読みやすく、楽しい筆致で、山登りに興味を持った入門者から、初心者に日帰りハイクから海外の山や雪山まで、登山の全体像を解説している。 岩崎が勧める楽しく安全な山の遊び方の手引書。趣旨は「老いも若きも山に登って元気になろう」「山のいろんな楽しみ方を知って山を遊びつくそう」「山は安全が基本」。
   
               
山で失敗しない10の鉄則
発  行: 文藝春秋
発行日: 2011年5月20日
定  価: 819円(税込)

【Amazonで購入する】

高尾山から槍ヶ岳まで、山は空前のブームに沸いているが、事故やトラブルも急増している。その原因の多くは登山者の無知に端を発している。巻末に「中高年向け百名山」を収録・安心して登るための知恵が満載。
 
    山登りの作法
発  行: ソフトバンク クリエイティブ株式会社
発行日: 2010年3月25日
定  価: 767円(税込)

【Amazonで購入する】

近くの山から富士山まで、ここ数年、山登りがブームとなっている。定年後の趣味として登る人、ファッション感覚で登る人、動機はさまざまだが、山の高低にかかわらず物見遊山では遭難事故にもつながりかねない。山登りには必要最低限の心得が求められるのだ。初心者以上マニア未満の山登り愛好家に向け、どこまでも実践的な安心・安全山登りの作法を徹底指南する。

山で困ったときのテクニック
発  行: 山と渓谷社
発行日: 2009年1月26日
定  価: 1,000円(税込)

【Amazonで購入する】

※この本は1990年に刊行されたYAMA BOOKS『山で困ったときのテクニック』を底本とし、最近の情報を盛り込んで編集されたものです。

  ●ぼくの失敗・困ったこと
  ●あっ、アレ忘れちゃった・・・・・
  ●歩きはじめてはみたけれど
  ●道に迷ってしまったら
  ●コレさえあれば困らない?
  ●山でのアクシデント
  ●山以前の困った問題

    ぼくの新日本百名山
発  行: 朝日文庫
発行日: 2007年3月
定  価: 819円(税込)

【Amazonで購入する】

歩けば健康、登れば元気

踏破した頂の数を競うためではなく、人生を豊かにするためにこそ山に登りたい−。
四季折々の花や景色を堪能し、近くの温泉や名所でのんびりと。経験の浅い中高年登山者も、楽しみながら醍醐味を満喫できる名山百を紹介する。

間違いだらけの山登り
「知らなかった」ではすまされない62項目

発  行: PHP研究所
発行日: 2006年7月19日
定  価: 1,365円(税込)

【Amazonで購入する】


岩崎流登山ノウハウの集大成です!
山での事故があとを絶たない今、本書を読まずに山へ行くわけにはいきません。


<装備編>「楽でない道」は、「楽でない靴」のほうが楽
<計画編>「速い人」と「実力のある人」はちがう
<行動編>「疲れてきたら休む」では休みにならない
<危機管理編>「もし捜索隊が出たら、費用はどうなる? 等他
 

   

 
岩崎元郎の新日本百名山
上・下巻
発  行: 山と渓谷社
発行日: 2006年4月20日
定  価: 1,680円(税込)
【Amazonで購入する】

 登りやすい山、味わい深い山
 新たに選定した全国の明峰百山

歩けば健康、登れば元気になる山登りだから、もっと多くの人に登ってほしいなと考えて、47都道府県から1山は必ず入れることとして、岩崎自身が登ってみたい山、山好きの皆さんにぜひ登ってほしい山を100山選んでます。

 ▲礼文岳、秋田駒、天上山、燕岳、東鳳翩山、於茂登岳など
 

 

登山不適格者
NHK出版 生活人新書
発 行: 日本放送出版協会
発行日: 2003年6月10日
定 価: 714円(税込)

【Amazonで購入する】

運動靴で富士登山、携帯電話で救助隊要請。
こんな人は、『登山不適格者』と呼ばせていただきます。

中高年の登山ブームで、ヤマハかつてない賑わいを見せている。その陰で無知や無鉄砲、甘え、過信による山の事故も増えている。ジーンズに運動靴スタイルの人、雨具やヘッドランプを持たない人、いままで何もなかったのは「運がよかった!」。本書を読んで、山を「安全に」楽しんでいただきたい。

  沢登りの本
発  行: 白水社; 新装版
発行日: 1997年6月
定  価: 1,785円(税込)
【Amazonで購入する】


岩崎が初めて出した単行本です。純子ちゃんを主人公にした物語風入門書ですから、読みやすいし面白いですよ。沢登りに興味無い人にも一読して欲しい、チョーお勧め本です。
無名山塾草創期の躍動感も伝わってきます。


Copyrighit(C)2008-2017 Motoo-Iwasaki
許可無く、他ヘの転載、掲載を固くお断りします