岩 崎 元 郎 の


 


沖縄県
野底岳        
       
      
   
野底岳
photos by M. Iwasaki

野底岳にむかう

野底岳の三角点



 2010年12月13日

 
 沖縄県から選ぶ17山の内の1山。標高282.4m、地元では「ヌスクマーペ」と呼ばれ、親しまれている。マーペという女性が、故郷の黒島に残してきた恋人を想う余り、石と化してしまったという伝説が残る。登山道は良く整備され、傾斜が強く滑り易い所にはロープが張られている。



 登山道入り口までは、タクシーかレンタカーが便利。登るべき高度差は300mに満たないのだから、のんびりゆっくり登ればいい。登りつめれば、伝説に残る石と化したマーペ。慎重に攀じて岩場の上に立つ。2004年初めて登ったときは晴れていて、足下に素晴らしい珊瑚礁の海が広がっていたのに、今回は霧が視界を閉ざして世界は灰色だった。下りは慎重に、登りと同じくらい時間をかけて、ゆっくりくだること。


 下山して仰ぎ見る岳は、本当にカッコ良く、ふるさと八百名山の面目躍如である。




ゆっくり歩きのコースタイム:登山道入り口(1時間)〜野底岳頂上(50分)〜登山道入り口


2万5000図:伊野田




 Copyrighit(C)2008-2013 Motoo-Iwasaki
許可無く、他ヘの転載、掲載を固くお断りします