岩 崎 元 郎 の


 


東京都
天祖山 高水三山 日ノ出山    
       
      
   
奥多摩・日ノ出山
photos by M. Iwasaki

コース入口の道標

歩き易い道

日ノ出山頂上

金比羅尾根上半

きれいになった
武蔵五日市駅


 多摩川を挟んで対峙しているのが、右岸、南側に日ノ出山と、左岸、北側に高水三山である。奥多摩のとば口に位置し、どちらも奥多摩入門としてお勧めの山だ。ここでは日ノ出山902.0mを紹介する。数コースあるが楽々登山をお望みの方には、御岳山ケーブルカー利用がいい。御岳山駅から日ノ出山頂上まで、約1時間。ぼくたちは吉野梅郷から登った。

 2012年2月19日()


 気候が例年並みなら、梅が満開のはずである。満開の梅を期待して、この日に計画した。吉野梅郷から登り、金比羅尾根を武蔵五日市駅に下るという計画だ。標準タイムは6時間、20%の休憩時間を見込むと、7時間10分、久々のちょっと長丁場。

 新宿発7時41分のホリデー快速は、普段は日向和田駅には停車しないのだが、梅郷が梅祭りとあって臨時停車。参加者4人、スタッフ3人の計7人が日向和田駅前を9時10分に出発した。今年の寒さは、今日という日に梅に蕾もつけさせない。梅祭りの提灯だけが賑やかな梅林を抜け、三室山への登りにかかる。けっこう登り応えがある。日ノ出山頂上着12時52分、標準タイム3時間のところ、休憩時間を入れて3時間42分要した。

 日曜日とあって、山頂はけっこうな人出であった。13時08分、下山開始。つるつる温泉に下る人が多いが、我々の下山コースは金比羅尾根。入り口が、ちょっと分かり難かった。金比羅尾根も長い。黙々と下って、武蔵五日市駅着16時40分。スタートからゴールまで、7時間30分要した。予定より20分オーバー、日が暮れなかったので良しとしよう。



 コースタイム:本文中に記す


 2万5000図:武蔵御岳・五日市

 


 Copyrighit(C)2008-2013 Motoo-Iwasaki
許可無く、他ヘの転載、掲載を固くお断りします