岩 崎 元 郎 の


 

         
1.  丹沢・辺室山〜大山三峰山〜大山
2.  沼津奥アルプス縦走記
3.  栃木・鳴神山から吾妻山縦走


栃木・鳴神山から吾妻山縦走

photos by M. Iwasaki

頂上まであと10分

美しい樹氷

山頂記念写真

鞍部の神社軒先のツララ

雪道を歩く@

雪道を歩くA

そこが吾妻山頂
 
 2010年2月13日(土)

 鳴神山は、標高980m。絹織物で知られた桐生の里山。2月13日(土)、山塾ユースで計画した。

 朝、我が家を出ると小雪が舞っている。3Gメニューだとメンバーの顔を思い浮かべながら、行こうかな止めよかなと迷うところだが、ユースだから迷わない。2月の3Gメニューは、房総津森山、総勢6人。岩崎が最年少だった。今回は岩崎が最年長だ。

 桐生駅改札口に集合した6人は、2台のタクシーで登山口まで入る。雪が降っているので、タクシーの運転手さんが心配して下さる。10時10分スタート。途中左に行くべきところ、右に行ってしまい、20分程タイムロス。コースは谷筋、雪に埋もれてルートファインディングが難しい。ユース代表の佐藤、磯野の二人に交代でリードを任せる。多少時間がかかって、鞍部着12時05分。雪がくるぶし位までになった。山が真っ白できれいだ。鳥居をくぐって桐生岳頂上へ約10分。山頂手前の灌木の霧氷が、結晶が針のようにすっと伸びて、繊細な美を創造している。記念撮影を済まし、仁田山岳の頂も踏んでから鞍部に戻り、神社の軒下で10分休憩。

 
 さあ、吾妻山目指して縦走スタート、12時43分。明るいうちに届くかな、ユースだし届くだろうと、だろう運転での出発だ。コース採りで俊巡していると陽が暮れるので、ここからは本科からアシスト参加してくれた小室君にリードをお願いする。尾根道は新雪舗装されて、気持ちがいいし歩き易い。50分歩いた。いいペースで来ているので、小休止。けっこう稼いでいると思ったのに、その先5分が花台沢ノ頭だった。


 雰囲気のある三峰山を越えて下れば金沢峠14時20分、まだ先は長い。歩いて歩いて歩いて16時27分、目的地の吾妻山に到着。下りは岩場だ。明るいうちにここまで来られて良かったね、と健闘を称え合いながら、岩場を慎重に下る。人家の在るところまで下ってしまえば、こっちのもの。桐生駅までの道を居合わせた方にお聞きする。「鳴神山から来たのかい。こんな天気の中、物好きだね」、と言われた。

 桐生駅着17時50分、時刻表を見ると17時58分の小山行きがあるので、階段を駆け上がって飛び乗り、ガラガラの車内であったことを幸いに、車内で雨具を脱ぎフィニッシュとした。ビールを購入している間もなかったが、気分はプレミアム・モルツで乾杯だ。


コースタイム

登山口・木品(10時10分)〜間違いに気付く(10時25分)〜コースに戻る(10時33分)〜小休止(11時/10分)〜鞍部(12時07分)〜鳴神山・桐生岳頂上(12時17分/20分)〜鞍部(12時32分/43分)〜小休止(12時27分/33分)〜花台沢ノ頭(13時38分)〜三峰山(13時59分)〜金沢峠(14時20分)〜大形山(14時42分/50分)〜小休止(15時39分/44分)〜吾妻山(16時27分/37分)〜登山口・車道に出る(17時10)〜桐生駅(17時50分)



2010年2月15日記

 



 Copyrighit(C)Motoo-Iwasaki
許可無く、他ヘの転載、掲載を固くお断りします